社会保険とは? わかりやすく解説



わかりやすく簡単に解説
憲法9条のメリット・デメリット
イスラム国とは?身代金の相場は?
在特会とは?ヘイトスピーチとは?
集団的自衛権とは?
 -集団的自衛権のメリット・デメリット
 -「集団安全保障」と「集団的自衛権」
 -「個別的自衛権」とは?
 -憲法解釈の変更・憲法改正について
 -日本の集団的自衛権、海外の反応は?
 -集団的自衛権で、徴兵制の可能性は?
 -集団的自衛権 反対・賛成意見まとめ
 -集団的自衛権で戦争の可能性は?
 -「中国の脅威」をわかりやすく解説
 -「抑止力」についてわかりやすく解説

慰安婦問題をわかりやすく解説
河野談話とは?
朝日新聞はいったい何をしたのか?
村山談話、小泉談話とは?

道州制について
 -大阪都構想について

消費税とは?(消費税のしくみ)
 -消費税の非課税取引きについて
 -消費税の計算方法について
 -消費税の納税義務・免税点について

年末調整とは?源泉税とは?
固定資産税とは?わかりやすく解説
社会保険とは?わかりやすく解説
 -健康保険について
 -厚生年金について
 -共済年金について

共産主義・社会主義とは?
日本共産党とはどんな党なのか
日本共産党の代表的な嘘を紹介
IEの脆弱性・回避策について
STAP細胞問題について
哲学とは?簡単に解説

 


 

社会保険とは? わかりやすく解説





社会保険とは? わかりやすく解説

社会保険という言葉はとても広い範囲で使われていますが、一般的には、会社に勤めている人が強制的に加入することとなる健康保険、厚生年金保険という認識が強いと思われます。

これは、法的に法人には、従業員の意思に関係なく、健康保険と厚生年金保険の加入が義務付けられているからで、そのため会社員の方々にそのような印象が強いのでしょう。

会社勤めの方は、当たり前のように健康保険と厚生年金は入っているケースが多いと思います。

では自営業を営む個人事業者の方々はどうなるのでしょうか?

個人事業者の方々の場合は、法人に所属していませんので、自分自身でそれぞれの保険に加入する必要があります。


(ちなみに、法人は5人以上の組織の場合はサービス業を除き、加入が義務づけられています。稀に社会保険に加入していない会社もあるのですが、強制加入ですので法律的には問題があります。)


■社会保険の分類

正式な分類として、社会保険には、医療保険、年金保険、介護保険、労災保険、雇用保険の5種類があります。


「医療保険」は、上記のように会社員の方々の場合は健康保険、公務員の方々の場合は共済組合、自営業や無職の方々は国民健康保険に加入するというのが一般的です。

「介護保険」は65歳以上の人や、65歳以上でなくても、特定の病気などで介護が必要とされている人が受けられるサービスです。

「労災保険」は勤務中に事故にあったり、会社の作業が影響して、負傷や病気などを負った場合に、被災した本人、または遺族の方が給付してもらうサービスとなります。

そして、「雇用保険」は労働者が失業した時に、次の就職までの安定した生活を保証するもので失業手当として支給されます。

このように社会保険とは、国民が高齢や疾病などさまざまな理由で働けない状態に陥った場合に、それらの生活を保障するために給付されるものなのです。




(C) わかりやすく簡単に解説するサイト