厚生年金とは? わかりやすく解説



わかりやすく簡単に解説
憲法9条のメリット・デメリット
イスラム国とは?身代金の相場は?
在特会とは?ヘイトスピーチとは?
集団的自衛権とは?
 -集団的自衛権のメリット・デメリット
 -「集団安全保障」と「集団的自衛権」
 -「個別的自衛権」とは?
 -憲法解釈の変更・憲法改正について
 -日本の集団的自衛権、海外の反応は?
 -集団的自衛権で、徴兵制の可能性は?
 -集団的自衛権 反対・賛成意見まとめ
 -集団的自衛権で戦争の可能性は?
 -「中国の脅威」をわかりやすく解説
 -「抑止力」についてわかりやすく解説

慰安婦問題をわかりやすく解説
河野談話とは?
朝日新聞はいったい何をしたのか?
村山談話、小泉談話とは?

道州制について
 -大阪都構想について

消費税とは?(消費税のしくみ)
 -消費税の非課税取引きについて
 -消費税の計算方法について
 -消費税の納税義務・免税点について

年末調整とは?源泉税とは?
固定資産税とは?わかりやすく解説
社会保険とは?わかりやすく解説
 -健康保険について
 -厚生年金について
 -共済年金について

共産主義・社会主義とは?
日本共産党とはどんな党なのか
日本共産党の代表的な嘘を紹介
IEの脆弱性・回避策について
STAP細胞問題について
哲学とは?簡単に解説

 


 

厚生年金とは? わかりやすく解説





厚生年金とは? わかりやすく解説

年金には3つの種類があります。

1つが国民年金

日本に住む20歳以上で60歳未満の方であれば、どなたでも加入できるもっとも一般的な年金制度です。

 

2つ目が厚生年金

会社員など会社勤めの方が加入している制度で、こちらに加入していれば自動的に国民年金へも保険料が拠出されます。

 

そして3つ目が共済組合

こちらは公務員などが加入する年金制度です。

 

このページでは「厚生年金」について解説します。

「厚生年金」の保険料は給与の額によって決まります。

だいたい大まかな目安としては、月収が30万円ぐらいである場合には厚生年金の保険料は2万2000円程度、月収が20万円程度の場合は厚生年金の保険料は1万5000円弱となります。

厚生年金は保険料を会社が半分負担してくれるというメリットがあります。


そして気になる老後にもらえる年金の額(給付額)ですが、保険料を支払っていた期間や給料によって異なるので一概には言えないのですが、仮に40年間保険料を支払い続けた場合には16万円〜20万円程度が毎月支給されます。

毎月、数万円の保険料で、老後になると月々20万円近くももらえるので、そういったことからも、やはり厚生年金や国民年金に加入しているというのは、老後の安心には欠かせないものであるといえます。

ただし、将来的には年金が貰える年齢が引き上げられたり、年金としてもらえる金額が下がってしまうことなども考えられますが、それでも、全く年金に加入せず、支払いをしていないというのは将来的に不安がつきまといます。

ちなみに国民年金は毎月1万5000円の支払いで済みますが、その分厚生年金よりも年金としてもらえる金額が少なくなります。





(C) わかりやすく簡単に解説するサイト